出不精でも見たくなるおすすめ作品

心に残った、面白かった映画やアニメをご紹介 駄作もあるかも?

バットマンVSスーパーマン

アメコミ映画大好き

 最近の映画は、アニメの実写化やリメイク作品が多くなってきています。中でも私は、アメコミの実写化映画が大好きで子供のころは金曜ロウドショーなどで放映されていたバットマンなどをよく観ていました。最近上映されたダークナイトシリーズも勿論観ました。

 アイアンマンやスパイダーマンで知られるマーベルコミックと肩を並べる、DCコミックの代表格であるスーパーマンバットマンが共演して、しかも戦うと聞いて観に行かないわけにはいきません!あんな超人にバットマンが勝てるのか?とも思いましたが、なるほどな戦い方を見せてくれました。

 

バットマンVSス-パーマン』の内容

 映画の内容は、前作『マン・オブ・スティール』の続編となります。ゾット将軍からスーパーマンが救ったメトロポリスではスーパーマンを脅威から救ってくれる救世主として崇められる反面、彼の人間を超越した能力や戦いによって巻き込まれた犠牲者も多く危険な存在だとする考えを持つ人々も表れ始めていた。そんな中、ゾット将軍との戦いによって会社が巻き込まれ大切な人を失う形となったバットマンであるブルースウェインは、ス-パーマンは地球にいてはいけない存在だと判断した。他に犠牲者を出させないために立ち上がったバットマンと、救世主スーパーマンとの激突はどうなるのか。といった内容です。

 

面白いけど締めが少し甘い?

 スーパーマンを只のヒーローにするのではなく、他の視点から見ると恨みを持つような人々もいるという二面性と、正義が必ずしも完璧ではないというなかなか深いところもあるので大人向けな映画だと感じました。とはいってもそこまで難しくもなく王道ともいえる展開は安心して観られる映画だと思います。ただ最後の展開は少しお粗末な感じもあったので物足りなく感じる所もありました。ワンダーウーマンが浮いてて少し残念だった感が(笑)

 アメコミ好きなら楽しめる映画だと思うので、興味のある方は映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

広告を非表示にする