出不精でも見たくなるおすすめ作品

心に残った、面白かった映画やアニメをご紹介 駄作もあるかも?

火星で独りぼっち!? 「オデッセイ」を観た!

 

今回選んだ映画

いろいろな話題作が目白押しで、映画大好きっこの私は楽しくて仕方ありません。

そして今回見てきた映画がリドリー・スッコト監督が手がけた、マット・デイモン主演のオデッセイです。

 

マット・デイモン

 マットデイモンといえば、グッド・ウィル・ハンティングやオーシャンズ11などがありますが、大ヒットアクション映画のボーン・アイデンティティーシリーズが思い浮かぶのではないでしょうか。

 アクション俳優としてのイメージが強く見られがちですが、役のために無理にやせて身体を壊したことがあるほど演技に命を懸けている演技派でもあります。今回の映画では辛くても常に前向きでユニークな性格の宇宙飛行士を演じあげていました。

 

 

オデッセイとは?

 映画の内容は火星で任務にあたっていた宇宙飛行士のマーク・ワートニーが大砂嵐に襲われ、クルー達と退避する際に飛んできたアンテナが直撃して吹き飛んでしまう。それを見たクルー達はワートニーが死んだと判断して、火星を脱出してしまうというところから始まります。一人取り残されたワートニーは、残された物資でどうにか次に有人探査機がやってくる4年後まで生き延びるために試行錯誤して、火星の厳しい環境と戦っていくといったストーリーです。

 

観た感想

 なかなかシリアスそうな内容に思いましたが、実際に観てみるとマット・デイモン演じるワートニーは前向きで冗談を交えながら明るく火星遭難ライフを送るので、終始楽しく映画を観ることができました。ですが実際に起きるアクシデントは過酷なことばかりなので、私だったらすぐに諦めてしまいそうです(笑)

 宇宙飛行士としての使命感などもしっかりと持った主人公の行動には感服させられました。安全な日本で仕事をしている私も負けていられませんね!

 

勇気がもらえる映画

宇宙飛行士がいかに危険な仕事をしているのか、その宇宙飛行士たちを安全に地球へと帰ってこれるように奮闘する代表や開発者達の苦悩やプレッシャーもうまく描かれていて、宇宙開発の過酷さを知ることができる作品でした。

皆さんもぜひ足を運んで、マーク・ワートニーに笑いと勇気をもらいに行きましょう!

広告を非表示にする